ブログは何のために書くの? 実は奥が深いのです

 
今日、2月6日は「ブログの日」。ブ(2)ログ(6)で、2月6日。サイバーエージェントさんが日本記念日協会に登録料10万円を支払って制定した記念日です。ブログをたくさん書いてくれれば儲かる方々が、ブログの日を制定しました(笑)

で、「ブログは何のために書くのか」を考えてみたとき、ただ文章を書くのが好きだから書いてるんでしょと思う人は多いですよね。FacebookやTwitterへの書き込みも、同じように好きだから書いていると。

でも中には、これらを自身のプロモーションと最初から目的を絞って書く人が少なからずいます。「私はこういう人です」と、なりたい自分を演出させて見せるために書くわけです。そうでなくても、ネット上で「見せること」と「見せないこと」を区分けして書き込むことだけでも、それなりの効果がありますから。

Facebookなどでも注意して見てると、見せたい自分だけを意図的にクローズアップして書き込みしている人がいます。ブログやSNSで多く露出している人ほど、見せたい自分を演出して見せている人は多いのです。

会社の出張のたびに、地方での美味しいグルメ写真をアップし続けるだけで、この人はグルメ系旅行に詳しくて、いろんな面白い話をするんだろうなと思わせるわけです。この手法を効果的に使えば、なりたい自分をネット上で演出することで、何もしない人に比べて劇的なスピードでなりたい自分になることができます。

例えば、定年後は今まで趣味で細々とやっていた山登りをいっぱい楽しもうと思ったら、定年の数年まえから山登りに関する記事をブログやSNSに書き込んでいけば、定年の頃には自分の周囲に山登り友達がたくさんできているという感じです。

数年後にどんな自分になりたいかという目標を決めたら、それに向かって自分をプロモーションしていくわけです。何もしないで山登り友達を作ろうと思っても、あなたを引き上げてくれる他人は現れません。< ものすごく外見の見栄えが良ければ別ですが…

いや、私はネットに詳しくないから… という人ほど、ネットが苦手なのではなく、単にそういう知識やノウハウを知らないだけのこと。ブログやSNSに投稿するのに、ネットやパソコンに詳しくなる必要は何もありません。

世間では「ブログを書く人は、文章を書くのが好きな人」という感じで見ているでしょうが、実はそういう自己プロデュース戦略を考えて書いている人が少なからずいるのです。ブログだってSNS投稿だって、実は本人が書いていなくてゴーストライターに書かせている人もいるくらいですから。

世の中のニッチなことをネットに書けば書くほど、ネット上のみならず世間にも名が知れ渡るというのが今の時代です。上手くすれば、1人だけが食っていけるような「超」ニッチなジャンルで第一人者になることもできる… かもしれません。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ