クレーマーは自分自身が信用を損をしていることに気づいていない

 
Amazonレビューなどで容易に☆一つ付ける方がいます。

 
Amazonレビューでは、商品や店舗にレビューが付けられていると思っているのは、単純な顧客目線です。

レビューを付けた人の名前をクリックすると、その人が他にもどんなレビューをつけたかが一覧できます。

それら一連のレビューを読んでいると、残念ながらその人のことを信用することがキビシイと言わざる方もいます。

 
店舗目線や私のようなレビュー・ウオッチャー目線から見られているとは、多くの方は気づいていないでしょう。

私もAmazonレビューを書いていますが、☆一つ☆二つなんて怖くて書くことができません。

ましてや、自分の一時の感情で辛辣なレビューを書くのは、ネット社会において自分の信用をなくす行為です。

 
いや、匿名であれば何を書いても解らないだろう。そう考えるのは、悲しいくらい考えが甘いです。

匿名という隠れた立場で書いている限り、表舞台へ出て信用を得ることはできません。というか、怖くてできないでしょう。

信用と得るというのは、他者を非難するのではなく、自分の好きなことをたくさん情報発信(レビュー)して同好の方々にシェアしてもらうことです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ