【音楽】音階を美しく聴かせる秘訣

音楽

音階にはドラマがある

 
音階「ドレミファソラシド」を美しく聴かせるには、それぞれの音に意味をもたせれば良いんです。簡単な答えでしょ(笑)

多くの人は気がついていませんが、「ド」 → 「レ」は、とても遠い距離感です。普通に歌うと、その遠い距離感覚が解らず、「レ」は低く曇った音になってしまいます。「レ」の音は明るく上ずった感じで響かせる。これが一つ目の秘訣です。

「レ」 → 「ミ」は、簡単。思い切って「レ」を明るく始めたその雰囲気で続ければ「ミ」になります。

「ミ」 → 「ファ」は、半音です。かと言って、不必要に気にすることはありません。むしろ、暖かく響くように「ファ」を歌います。

「ファ」 → 「ソ」は、本のページをめくる感じ。いやそれより、最後のページをめくって裏表紙にし、さらに本を上下に逆さまにする感じ。50歳以上の人だと、レコードをA面からB面にひっくり返すと言えばピンときますよね。

つまり、「ドレミファ」と「ソラシド」は同じなんです。ハ長調で「ドレミファ」とやって、レコードをB面に裏返すと、今度はト長調の「ドレミファ」になるって感じ。そういう表と裏が変わる感じが、「ファ」 → 「ソ」です。この裏返す感覚って、音階ではとても大切です。

「ソ」 → 「ラ」は、やっぱり距離感が遠いです。だって裏返した「ド」 → 「レ」と同じですから。しかも、「レ」に行くときは明るく上ずった感じでしたが、「ラ」に行くときは意外感が欲しいです。え? やっぱり「ラ」に行くんだという風に、ちょっと顔の向き角度を変えるようなイメージ。

「ラ」 → 「シ」は、掃除機で吸われるような勢いで上ります。まぁそんなに深く考えることは無いんですけど、あまり張り切らないのがコツです。「シ」はとても目立つ音なので、不必要に張り切る必要はありません。あくまで自然に…

「シ」 → 「ド」は、運命に引き寄せられる感覚に逆らわないこと。「シ」は別名:導音と言って、どうやっても「ド」に行かざるを得ない運命の音。だから、「ド」に辿り着いた時は、とても安心した安らぎさえ感じるのです。とても幸せに満ち足りたハッピーエンド。つまり最後の「ド」は、天国にいる気持ちですね。

そんな感じでそれぞれの音に意味を感じ、その逆らえないほど自然な音の流れを創造した神様に感謝しながら歌うのが、音階を美しく聴かせる一番の秘訣です。音階は、もっとも自然なメロディーであるべきなんですね。これ西洋音楽では当たり前の感覚です。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

音楽
人はそれぞれ聞こえている音楽が違う

感覚で聴くか、形式の中での解釈を味わうか   今夜は地元の公民館にて、ベンルリン・フィルの …

音楽
リズムの後打ちって、ホントは前打ちなんです

後打ちは、次の拍の前打ちになる   マーチやポップスのリズムによくある、拍の後打ちについて …

音楽
保護中: 合唱祭(期間限定公開)

この投稿はパスワードで保護されているため抜粋文はありません。