「私には無理…」という呪縛を解くには

思い込みに支配されない

 
「私には無理…」「私には向いていない…」。行動を起こす前から呪縛に捕らわれる方のなんと多いことか。

「たしかに素晴らしいのでしょうが、それで何ができるのですか?」。インターネットが出始めの頃は、誰もが自分には関係のないことだと決めつけて傍観していました。

私は面白そうなことにすぐに飛びつくファーストペンギンな性分ですから、なんでこんなに面白いことを他人はやらないのだろうか? と思っていました(苦笑)

どちらかと言うと、私は根拠のない自信に満ちあふれた人です。いや根拠よりも、どうやれば自分にもできるか考えるという感じですね。

この「私には無理…」と考える思考から、「どうやれば自分にもできるだろうか」と考える思考へチェンジするだけで、自分を取り巻く世界は何倍にも拡がっていきます。

そのためには、日々、小さな成功体験を積み上げていくのが一番の近道です。小さな成功とは、明日朝は5分だけ早く起きようとか、明日の出社時は守衛さんより先に「おはようございます」と言おうとか、そういう日々の生活で小さなトライをし、それを成し遂げる成功体験です。

自分には無理だと思い込んでいたことが出来るようになるためには、それを成し遂げるノウハウよりも、いかにゴールをイメージできるかが大切。ゴールとは成功をした自分の姿ですね。

いつもより5分早く起きることで、家を出るときに感じる余裕。守衛さんへ先に挨拶したとき、いつもより笑顔で返答してくれる守衛さんの顔。そうしたトライによって変わるだろう未来の姿をイメージすることが、小さな成功体験の原動力になります。

「私には無理」と思っていたことにトライした結果、周囲の人からは「それができる人」という風に見られるようになります。

何かに小さなトライをすることで、それをトライする前には想像すらしていなかった新しい未来の姿が現れます。呪縛を解くには、近い将来に起こるだろう小さな成功をイメージすることから始めてみると良いのです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ