「損をして得をとれ」とはどういうことか?

 
普通の人は、目の前の短期的な得をとります。あきらかに損だと感じることは、普通にやりませんよね。

先日の関東地方大雪の朝、私は自分の家の前のみならず、近所の家の前もすべて雪かきをし、幹線道路から自宅までの家3軒分の道筋をすべて雪かきしました。ついでに午前中ずっと汗だくになって、バス停までの歩道もすべて雪をどけました。

こうすることで、その日からずっと雪の影響を受けずに普通に車に乗ることができています。他の場所では未だに道路に溜まった雪が凍りつき、危ない箇所がたくさんあるのが現状です。

スーパーの駐車場などで本来の場所じゃないところにカートが放置されていれば元に戻しますし、誰にも頼まれていないのに近所の草むしりもします。自分を取り巻く場所を心地よい環境にすることで、自分自身の心が荒むことを防いでいるわけです。

PTA会長も即決で引き受けたり、地域活動でも気軽に代表を引き受けています。そのおかげでいろんな地域の仕組みを知ったり、それまでは知り合うことがなかった人たちとも繋がりができました。

月に10日くらいはそうしたボランティア活動をしていますが、そのお陰でいろんなことを知り、それがビジネスにも活かされています。ボランティア活動なのですが、自分のチャンスを広げて将来の収益に役立っています。

私はあきらかに不可能なこと以外は、他人からのお願いを即決で引き受けています。中には内容を聞かずにお引き受けすることもしばしば。その人が私にできるだろうと思って頼んでいるわけですから、当然ながら私は軽くできてしまうのです。断る理由さえありませんね。

よく「今は忙しいから落ちついたら考えます」という人は、いつまで待っても落ち着くことはありません。そう言ってしまった手前、暇な自分を見せることができなくなってしまうからです。軽く引き受けてしまえば心が楽なのに、できない理由を言ったとたんに自分の首を絞めてしまいます。

「損をして得をとれ」とは、一見して損に見えることの行き先を見通すことができる知力をつけろという意味です。短期的に得をすることでも、その先になんらかの影響でしっぺ返しをくらうことが多々あります。政府から補助金をもらって喜んでも、その財源は借金よって賄っていることを見通せるかという話ですね。

さらに「損なこと」はチャンスが詰まった宝の山です。誰も手を出したがらないことを得に変えることができれば、人生のどんな苦難も楽しく乗りきるすべを身に付けることができます。これこそが「損をして得をとれ」のお得感ですね。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ