年齢の見え方はマインドで変わります

 
多くの方が私が51歳だというと驚かれます。
えー! ほんとですか? ぜんぜん50代に見えません。
そりゃそうでしょ(笑) 老眼もないし、白髪もほとんどないし、身体はいつもパワフルだし、おまけに疲れないし…

いやいや、そういう訳でもないんですけどねぇ
疲れた時でもパワフルに見せれる体力があるだけなんですよ。あとは、マインドです。
自分自身では、いまだに30代くらいの気持ちですから。

もう歳だからできないと考えたことは一度もありません。
身体が疲れたら、どうにかして疲れを取る方法を考えればいいんです。<コーラを大量摂取するとか(笑)
あと、身体に悪いこと(お酒、タバコ、運動不足、食べ過ぎ)は努めて止めています。

 
どんなに顔や身体が年相応に老けたとしても、見た目が若ければ年相応には見られません。
いつも笑顔と張りのある柔らかい声で人と接する。
目の前の人に興味を持つということも大切です。

もう一つ、人に依存しないことも重要なマインドです。
どんな小さな事でも、ちゃんと自分で決めて責任を持つ。
正直、まだ不足なことが多々ありますが、出来なかったときは次に出来るようマインドを変えます。

ちゃんと口に出して、「今度からは○○します」と宣言するのです。
いくら反省をしても人の心は変わりません。声に出して宣言するのです。言霊の作用ですね。
たとえ間違いをおかしたとしても、すぐに気がついて宣言することを繰り返さないと行動は変わりません。

 
元気で活気ある高齢者と接していると、物理的な年齢ほどアテにならないものはないと感じます。
まずは健康が第一ですが、その健康を保つための必要なものはマインドです。
世間の動きに興味を持ち、自分も積極的に世間に関わっていく。

あとは、人を育てることも大切です。
自分1人だけでは、なにも成し遂げることができません。
人を育てるという意識を持つことで、自分のマインドがさらにパワーアップされます。

これらはすべて人生の先輩達から教わりました。
尊敬できる年配者と付き合うことも大切だし、これから育つ若者と付き合うことも大切です。
先駆者の生き様から学び、それを後継者に伝えていく。こうした歴史を意識することがマインドを作ります。

なんて偉そうに言ってるけど、これは自分自身への宣言でもあるわけですよ(苦笑)

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

好き嫌いがないと、食へのこだわりもない

 
私には食べ物にこだわりがありません。なんでも食べます。
食べ物に好き嫌いがないので、逆にあれを食べたいというこだわりも薄いです。
大切なのは、空腹が満たされること。あ、いや、でも不味いものはさすがにご遠慮いたしますよ(苦笑)

でも小学生低学年の頃は、ものすごく好き嫌いが激しかったようです。
給食もいつも時間内に完食できず、みんなが帰宅した後にロッカーに残してあった給食を一人で食べさせられていました。
今の時代から考えると、ある意味ですごい体罰ですよね。<当時は普通のこと

小学校5年生のころジャガイモを食べ過ぎて気持ち悪くなり、大人になるまでポテト系が苦手でした。
どんだけ噛んでも飲み込めないレバーやホルモンも、大人になるまでダメでした。
あと、細々と食べられないものだらけだったような気がします。

 
ところが18歳で自衛隊に入隊すると、あらま、なんでも食べられるようになってしまったのです。
要するに、ちゃんと料理したものは美味しく食べられるということですね(笑)
子供の頃は夜遅くまで一人だったので、自分で適当に料理して食べていたのが原因かもしれません。

そういえば、夏場は前日の残り物をそのまま食べて、よくお腹をこわしていました。
いまだに冷えたご飯は、レンジでチンするより、お湯漬けにして食べるのが好きです。
昔の給食も、お世辞にも美味しいとはいえなかった気がします。<特に鯨肉は不味かった

今の時代、美味しくないものを探す方が難しいご時世です。
ウェイパーや味の素があれば、なんでも美味しく変身します。
いや冗談ではなく、ホントに何を食べても美味しいですよね。

 
その代わりと言ってはなんですが、食べ物への執着心が薄くなった気がします。
別にちゃんとした食事がなくても、気分的に困りません。
これはこれで良い食生活とは言えない後ろめたさもありますが…

これから歳を重ねるごとに、美味しい食材をたくさん食べて、食べものへの好き嫌いを作りたいと考えています。
もうそろそろ、身体に良いものをたくさん食べないとね(苦笑)
90歳になっても元気な方を見ていると、毎日多くの種類を食べています。栄養的にも、私の数倍は理想的な感じです。

タイトルとは逆説ですが、これからは食事にこだわりを持って、美味しいものだけを食べて生きたいです。そのためにも必要なのは、まず先立つお金(笑)
今頑張って働いているのは、将来、私と奥さんが美味しいものを制約なく食べていくためです。
「働かざるもの食うべからず」とは、まさに言い得ていますね。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

知らないことも騙されることも貴方が悪いのです

 
「騙されたぁ!」 良識ある大人はこんなことは言ってはいけません。
知らないこと、騙されることは、その人が悪いのです。
そして、知らないこと、騙されることは罪です。

子供であれば仕方がありません。学生であれば恥です。でも、大人は罪です。
なぜなら、大人が騙されることで家族に大きな迷惑がかかるからです。
自分が騙されるのは良いんです。でも、家族がそのとばっちりを受けるのはダメです。

なぜ学生は一生懸命に勉強をしなければいけないのか?
それは、自分が大人になったときに家族を路頭に迷わせないためです。
もしも家族を持つ気持ちがないなら、自分の友人たちに迷惑をかけないために勉強をしてください。

 
スマホの使い方がよく解らないとか、パソコンが使えないとか、それも迷惑です。
他人にすぐに質問をする「教えて君」は、自分でモノの論理を考えることを放棄しています。
数学が苦手でも、家族が困らないような最低限の計算ができないとダメです。

世間にはすぐに「騙された」と言う人たちがいます。それも人生の先輩である高齢者です。
もしも本当に騙されたとしても、それを口に出してはいけません。
人生の先輩方がそんな騙されるような愚かな人でいてほしくないのです。

もしも騙されて何かを買わされてしまったとしても、自分で決めて購入したことは事実です。
その時にNOと言えなかった自分を恥じるべきです。それが嫌なら黙っていてください。
自分が知らないことで、周囲の人に多大な迷惑をかけるということに無頓着な人が多いのです。

 
他人を騙そうとする人たちは、ものすごく熱心に勉強をして人を騙しています。
振込詐欺の人たちは、ある意味、命がけで人を騙してきます。
それだけ熱心に騙してくる人たちに対して、騙される方も本気でNOを言わなければなりません。

普段から、良い人にみられたいとか、人様に迷惑をかけないよう大人しくしておくとか…
そんな消極的な生き方をしていると、結果的に騙されて周囲の人に迷惑をかけることになります。
だから、騙されないだけの勉強をして欲しいのです。

国の税金を使ってまで、そんな騙される人を助けるのは、なんて親切な国なんだと思います。
振込詐欺防止の啓蒙ポスターを見る度に、逆に国民を甘やかしすぎなんじゃないかと感じます。

もちろん私も騙されることが多々あります。自分の無知で失敗することも人一倍あります。
でもそれは自分が決めたことなので愚痴は言いません。
良い勉強をさせていただいたと、ホントに感謝しています。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

毎朝、新聞朝刊に目を通すことは稼ぎの基本

 
お客様相手の営業商売をしていると、必ず必要なのがその日の新聞朝刊に目を通すこと。
時間がないときはサラッと見だし記事に目を通すだけでもやっています。
営業先でお客様がニュースの話題を出したとき、それにYESの相づちをするのが鉄則ですから。

今は毎朝、朝日新聞と埼玉新聞(1ヶ月無料お試し)に目を通しています。
ホントは読売新聞も取りたいのだけど、もう少し稼がないとちょっと厳しいかも…
朝日と読売を押さえて、あとは埼玉新聞で地域ネタを読む。こんな感じですね。

ネットでニュースを読めば良いと言う方もいますが、それだと自分の興味のある話題しか拾えません。
あくまで商売のためにニュースを知るのですから、広く全体を俯瞰するには新聞購読が一番です。
わたしにとって新聞を読むことは、稼ぎのために大切な必要経費なのです。

 
新聞を読むことも、本を読むことも、すべてはお金を稼ぐために必要なことです。
逆に、日々の勉強をしないでお金を稼ぐというのは、長い目で見て決して安定した稼ぎになりません。
自分が素晴らしいと思うモノを売るのではなく、あくまでお客様が欲しいモノを売るのが商売の基本。

どんなお客様と会話をしていても、すぐに打てば響くオウム返し合いの手が打てるか。
自分のアタマを柔らかくして、どんな状況でもお客様の言うことを肯定する。
それも、内容をちゃんと察して相手が気持ちよく会話ができるように心がけています。

まるで、銀座のホステスさんみたいやなぁ(笑)

そう。お客様が最高に気持ちよく購入して頂くことが商売の醍醐味です。

 
いつも朝の目覚めが悪い私ですが、今朝は一発奮起して自分で郵便受けに新聞朝刊を取りに行きました。
普段は高校生の長男が取りに行ってくれるのですが、今日は祝日で学校が休みだった故、自分で頑張りました。
朝、ゆっくりと新聞朝刊に目を通すためにも、家を出る1時間以上前にはちゃんと起きないとね。

さらに思いは飛躍して、朝のジョギングをできれば良いなと妄想しています。
となると、さらにもう1時間早く起きて、体操&5キロ(30分)ジョグをしたいなぁ…
そのために第一歩が、毎朝、ちゃんと自分で新聞朝刊を取りに行くということ。

毎日、安定した稼ぎを出すためにも、新しい習慣をつけて自分の行動を前向きにしたいです。
人はどんなに心が決意しても行動はできません。すべては毎日の小さな習慣で行動が変化します。
ブログで宣言したのだから、ちゃんと毎日やりますよ!

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

恐怖に打ち勝つには?

 
恐怖というのは、すべて自分自身が作りだした幻想です。
恐怖の対象は自分自身の中にあるので、他の人にはその恐怖はわかりません。
つまり、恐怖に打ち勝つには自分自身が行動するしか方法はないのです。

って言うのは簡単だけど、実際に恐怖に打ち勝つのはそりゃもう大変です。
私自身も、毎日のように自分自身の中にある恐怖と戦っています。
たいていは一人っきりの時に落ち込んでいるので、他人からは気づかれていないでしょう。

「自分はもう何も出来ないダメダメ人間だぁ…」と、笑顔で泣きたいのを我慢しています。
ホントに一人隠れて泣いていることも多々。<マジ
51歳から新しいことを始めるというのは、実はものすごく孤独でどうしようもないときがあります。

 
でも、いつも1時間くらいメソメソした後に、なんとか勇気を振り絞って全力で走り出します。
そのきっかけは、自分の中にある恐怖に真正面から立ち向かうべく覚悟を決めること。
今やらなければ家族と社員を養えないと、腹をくくって行動を起こします。

ほんと毎日のように、こんな恐怖と戦う儀式をしていますね (苦笑)
たぶん、たくさんのお金を稼ぐ仕事をしている人なら、毎日のように何かの恐怖と立ち向かっているんじゃないでしょうか。
逆に、言われた仕事をしているだけの雇われ人は、そんな恐怖を感じることは少ないと思います。

もしも、好きな仕事だけをしている人ならどうでしょうか?
それほど好きなことでお金を稼ぐ気持ちがない人なら、そんなに恐怖はないでしょうね。
でも、好きなことでたくさん稼ぎたいなら、必ずリスクと立ち向かわないと収入はあがりません。

 
これらの恐怖は、すべて自分自身が作りだした幻想を怖がる恐怖です。
もしも上手くいかなかったらどうしようか…
自分のやっていることが、ちゃんと利益に繋がるのだろうか…

私は会社の経営者ですから、自分の稼ぎだけでなく、社員の給料も稼がなければいけません。
多くの会社で、自分の稼ぎ分以上の仕事をしている社員は2割程度です。
だからこそ、社長は率先して社員の分も稼がなければいけません。

それが毎日のように私が味わっている恐怖の正体です。
たぶん、この恐怖と離れることはできないだろうと諦めています。
だからこそ、恐怖に打ち勝つ勇気をだすことだけを考えて行動しなければいけません。

こんな毎日も、5年後くらいには昔の笑い話になることを願っています。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

現状に合わせてブログ・タイトルを変更しました

 
4月15日以来、ほぼ半年ぶりのブログ更新です。

さらにブログのタイトルも変えました。
「チャレンジ派人生」 → 「51歳から始める人生

 
実はこの半年間、ほぼ年中無休の必死で働いています。
毎朝7~8時に家を出て、帰宅は早くて夜10時、遅いと夜中の2時過ぎ。

なぜこんなに働いているか???
簡単に言うと、サラリーマン(公務員)をドロップアウトしたら、これくらい働かないと食っていけないからです。

どこかの会社に再就職したとしても、家族持ちの50代ではろくに食っていけません。
だったら、自分の会社を作って稼ぐしか道はありませんよね。これが50代の現実です。

 
さらに、「チャレンジ」なんて甘い言葉を言うのも辞めました。
チャレンジと口にする人は、余裕があって甘い考え方でも生きていける人たちです。
もちろん、以前の私もそのような感覚でした。

生活に余裕がなくなると、チャレンジではどうしようもなく、とにかく行動あるのみです。
それも、いろんな人たちに教わりながら、20代よりも積極的に行動せねばなりません。
頭が固くなった50代が変わるためには、なんど失敗を繰り返しても懲りずに行動するしかありません。

とにかく日々、思考回路が書き換わっていくような感覚で行動しています。
昨日の言葉と今日の言葉が、180度まるっきり違っていても良いんです。
とにかく新しい思考をどんどん入れ替えて、柔軟に賢く生きなければ!

 
もしも、50代から新しいことを始めようと思ったら、とにかく必死でやるしかないと思います。
事前の下準備や貯蓄なんて、ほとんど役に立ちません。
とにかく今までの常識を捨てて、目の前のことに全力を尽くす!

私は100歳まで生きる予定ですので、今がちょうど人生の折り返し地点。
実のところ、20代の時よりも今の50代の方が体力があって元気です。マジ

ブログには詳細を書けないギリギリ(命がけ)な行動をすることもあります。
でも、それによって自分の考え方がどう変わったかをブログで書くつもりです。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

自己紹介でどう自分を伝えるか

 
春は出会いの季節です。となると、まずは最初の自己紹介はとても大切は儀式ですね。

 
下記のYouTube動画「【DaiGo】コミュ力が格段に上がる!初対面で絶対にやるべき行動「天気の話や時事の話はするな!」にて、自己紹介に役立つ興味深い話がありました。


 

私がこれは使えると思ったのが、「自己紹介では、趣味とか今やっていること、今後やりたいことを話す。」ということです。その中でさらに、「自分を表す3つの言葉を決めて、それを自己紹介で話す。」というのが面白く感じました。

ちなみに、今の私を表す3つの言葉は、「本」「猫」「音楽」です。

 
「本」。解らないことがあると、ネットでググるよりも図書館やAmazonで関連本を探して入手し調べます。すごくマメに手間暇をかけます。

なんだろうと興味を持つと、すぐに行動を起こしてしまうとても食いつきの良い人です。釣りエサを何も疑わずにパクッと食いついてしまうバカ魚なタイプです。

人一倍、バカな失敗をしてしまいますが、そのお陰でいろんな経験とスキルが得られて他人から重宝されています。あの人に相談してみれば、何か解るだろう的な立ち位置のようです。

 
「猫」。自宅で猫7匹飼ってます。猫みたいな人が好きです。自分が報われなくても、その人(猫)のために頑張っちゃいます。猫の飼い主として理想的ですね。

そもそも損得勘定がありません。GIVE&GIVE&GIVEです。人から頼まれ事をすると、(常識的なことであれば)大抵のことはOKし引き受けます。

その代わり、犬的に群れたり、ボスについていく的な性格ではありません。また群れを作るのも興味がないです。

 
「音楽」。人間関係で腹は立つことはほとんどありませんが、手抜きの音楽を聞くと我慢でできなくなって口をはさんでしまいます。音楽のことになると人が変わります。

音楽は人としての生き方に通じると信じています。音楽を聴いてもらえるように、他人や社会のためになにか役立つ能力があるなら、逃げずに自分の使命をまっとうすべきだと考えています。

まぁいわゆる「熱量の高いお節介な人」ですね(苦笑) 東日本大震災で何もなくなってしまった街を見てしまってから、人生の進むレールを変えました。

 
じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

机の上をきれいにすると作業がはかどる

 
机の上に書類が溜まり出すと、いろんなことがスムーズに回らなくなってしまいます。

 
それは書類仕事やパソコン仕事をしている時、関係のないものが視界に入ってしまうと目の前のことに集中できないからですね。

例えば、まだ整理のついていない書類が机の隅にあるだけで、それが圧迫感となってしまいストレスを感じます。今のこの作業が終わっても、まだ残っている書類があるから終わることができない…

まして、スッキリしたいがために、今とりかかっている作業を一時中断して、また別の作業に取りかかってしまい、挙げ句の果てににっちもさっちも行かなくなる可能性もあります。

 
人は目の前の現実でストレスを感じると、そこから逃げるために別のことに手を出してしまう傾向があります。

いつまでたっても作業(仕事や勉強)が終わらないのは、そういったストレスによって目の前の作業に集中できないからですね。

だからこそ、自分が作業(仕事や勉強)をする机の上は、いつもきれいに整理整頓しておく方が良いのです。

 
同じように、部屋の中、台所、お風呂などがきれいに掃除され整頓されていると、自宅でゆっくりとくつろぐことができます。

自分で片づけるのが億劫であれば、外部のハウスクリーニング業にアウトソーシングしてしまう手もあります。それで生産的なことができるなら、必要経費として考えるべきでしょう。

机の上をきれいにすると作業がはかどるという当たり前のことを、今一度、見直してみるのが良いかと。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ