人生を変えたいなら自分の意見を捨てろ!

人生を変えるというのは実はとても簡単なことです。今までの自分の思考パターンや価値観、そして自分の意見を捨ててしまうだけでOK。使い道のない資格も学歴も何も必要ありません。

人と何かの話題について会話をしてるとき、自分はこう思うとかそれは違うでしょとか、そういうのを一切捨てるんです。相手の話をすべて肯定して「なるほど」「そうなんですね」「私もそうしてみます」と、とにかく相手の話をそのまま受け入れる。

今までの自分がどんなに勉強して知識があったとしても、相手が言うことも正解の一つなんだなと受け入れることが重要です。人生を変えるとは、今までの自分の考え方や価値観を捨てるということに気づくことがもっとも重要です。

自分が今までの人生で築いてきた思考パターン(成功体験)というのはとにかく厄介なモノです。その考え方で生きている限り、どんなに人生に変化を起こそうとしても何も変わりません。

今までの自分が絶対にやらないであろう生き方をするのが、人生を変えるということです。どんなに理不尽なことであっても、その道を歩いて行くと決めたら真っ直ぐにその道を進むのが一番の近道になります。

いや、自分にはどうしても無理と思った時は、そう思うこと自体を捨てないといけません。心の疲れてくると「これはブラックだ」「もっと良い方法があるはず」とか現状が思うようにいかない言い訳ばかり口にします。言い訳を言うことは人生を変えることから逃げているだけのこと。

どんなに相手の考え方に疑問を持ったとしても、まぁそんなものなんだろうなとすべて受け入れる。疑問を持つというのは、単に今までの自分自身の価値観と異なるために抵抗しているだけのことです。

人生を変えるということは、今までの思考パターンを根本からチェンジしなければいけません。一般的に、歳をとればとるほど変化が難しくなります。その年齢までに築き上げた人生経験が邪魔をします。変化の激しい現在の変革期においては、その人生経験にはほとんど価値はありません。

逆に年齢が若ければそれほど自分の意見がありませんから、簡単に新しい価値観を受け入れ行動することができます。つまり、若者ほど人生を変えられるチャンスが多いわけです。チャンスとは向こう側からやって来るものではなく、こちら側からつかんで飛び込むものです。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

やる気やモチベーションなんて考えるだけ無駄!

仕事でうまく結果が出ないとき、自分のやる気やモチベーションが落ちてるんじゃないかと考えてはいけません。これは良くない兆候。自分の心の有様を言い出すのは、単なるできない言い訳ですから。

とかく仕事は身体でやるものです。頭であれこれと考え出すとろくな事はありません。仕事は自分自身にではなく、目の前の相手や目の前のモノに対しておこないます。そこに自分の心がどうのこうのというのは全て出来ない言い訳。

それはパソコンに向かって書類を書いているときも同じです。提出する書類は誰にでも理解できるような単純なものでいいのです。もしくは提出する上司と同じスタイルで作るのがベスト。自分であれこれと考えるのは時間の無駄。

私は以前、楽器を弾くことを生業としていた時期がありました。その時もマインドは同じです。いつも同じ音階練習を飽きるほど繰り返し繰り返し練習し、頭で考えなくても身体が反応できるまで延々と練習していました。

もちろんそこにはやる気やモチベーションは不必要です。ただ淡々と繰り返して身体が無意識に反応できるようになれば良いだけですから。たぶんこれはどの仕事でも同じことでしょう。

そういう繰り返しをしているとき、身体が上手く反応できないのは単純に身体の酸素不足です。たくさん息を吸って吐いて脳内に酸素を送り込めばOK。できるなら大きな声で歌を歌うのがベスト。昔の人は歌を歌いながら仕事をしていました。これはとても理にかなっています。

仕事の効率が落ちてきたときは、身体の姿勢を整えて深呼吸で身体に酸素を送り込みます。それでも身体が思うように動かない時は、思い切って長めの休憩をとります。ラジオ体操なんかも効果がありますね。

決してやる気を出そうとかモチベーションを高めようとはしないこと。そんなことをしても身体は動きません。心や脳が出す指令は、身体の各部に行き渡るまでに少しの時差が生じます。だから心が考えたようにスパッと身体は動きません。

どんな時も淡々と仕事をこなすのがベター。身体の反応が悪くなったら、たくさん息を吸って身体を活性化します。自分の考えでやるのではなく、相手の都合で仕事をこなす。この方が結果的に出来も良いし早く終わります。これ仕事の極意!

プロとアマチュアの演奏は1秒聴けばすぐ解る!

年末年始のテレビ番組で、プロ・オーケストラとアマチュア・オーケストラの演奏を聞き分けるというクイズ企画がありました。僕は最初の音が鳴った1秒で解ったけど、回答者がまったく見当違いの聴き方をしていて、あぁなるほどと感じたわけです。

たぶんスポーツや芸術でプロになった人だったら理解できることだと思うのだけど、普通に生活していた人だとこの感覚が難しいのかもしれません。プロとアマの音楽演奏の差はとても歴然としています。

それは、オーケストラのメンバーがちゃんと音楽の拍(ビート感)で演奏しているかどうかだけの違いなんです。簡単に言うと、最初の出だしの音がズレてるかどうかです。

いや、アマチュア音楽家でもちゃんとしている人はいます。でも全員がちゃんとしているわけではありません。もちろんプロ音楽家にも微妙な個人差はありますが、少なくとも人間の耳で聞き分けられる程度の音ズレはありません。

少なくとも、音楽の専門家であればテレビの音質が良くないから解らなかったという言い訳は成り立ちません。だって明らかに最初の音がズレてるんだもの(苦笑)  もちろん普通の人なら聞き分けできないレベルのズレですけどね。

なぜプロがズレないかというと、指揮者の棒を見て音を出しているわけじゃないからです。プロは指揮者の棒を振り上げる動きを察して、自分でその音楽の拍(ビート感)を無意識のうちに感じているからです。アマチュアは指揮者の棒の動きを見て音を出してるので、ホントに絶妙にズレるんです。

例えば、短距離走のスタートで考えてみます。スターターが「よ~い(用意)」と言った瞬間に次の「バン!」を無意識のうちに自分で感じて飛び出すのがプロ。「バン!」という音を聞いてから飛び出すのがアマチュアです。

この理屈で音楽を聴くとプロとアマチュアの差は歴然としていますね。しかも、その後の流れる音楽も常にズレまくっているのがアマチュアです。もっとも、そのズレていること自体が普通の人では聞き分けできないかもしれませんが…

そのテレビ番組では本物との違いがわかるのが一流の人という企画でした。私の感覚だと、違いが解るのではなく「本質を見抜ける」とことが一流なんだと思います。音楽演奏の本質とは音楽の拍(ビート感)なんですね。いろんな演奏解釈の違いも本質的にはそのビート感の違いなのです。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

インフルエンザ予防には◯◯が大切

あちらこちらでインフルエンザが流行ってます。普通の風邪ひきよりも多いんじゃないかという感じ。毎日100人前後のインフル患者と接しているだろう病院関係者さんは大変です。

で、その病院に勤めている看護士さんにインフル予防のコツを聞いてみました。看護士さん曰く、いつも水のペットボトルをこまめに飲んでいるとのこと。喉を湿らしておくことが大切だそうです。

たしかに冬場は水分補給をしませんよね。真夏のようにこまめに水を飲むなんてことはありません。でもそれをやる事がインフル予防には大切なのでしょう。

私は以前、1日1.5リットルの水を飲むことを日課としてやっていました。500mlペットボトル3本ですね。これは結構大変でした。でも大抵の人はノルマとして課さない限りこまめな水分補給はできませんよ。

いろんな水を試してみて、一番飲みやすかったのが「クリスタルガイザー 」。不思議と日本の水よりも美味しいアメリカ?の軟水です。しかも激安! Amazon → クリスタルガイザー 500ml×24本 [並行輸入品]

水を大量に飲んでると喉焼けみたいな感じになりませんか。私は日本製の水がダメでした。自分の身体に合った水を飲まないと結構つらいです。

あと冬だと飲みすぎるとオシッコが近くなりがち。だからペットボトルを1日一本ぐらいの感じで微量づつ飲んだ方がよいかもね。水を飲んでインフル予防。お試しあれ。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

夜になると片眼づつでも焦点が合わないんですが… これってまさか

若干52歳。普通にちゃんと文庫本が読めます。スマホはiPhoneSE 使ってるけど、小さな画面でも文字を読むのに不自由してません。新聞も書類の文字も読むのに苦労したことはまだありません。自称、老眼ではない。はず…

ですが最近、夜になると両眼はもちろんのこと片眼づつでも焦点が合いづらくなってきました。すごく悪い予感がして10歳年上の方に訊いてみたら「僕はいつもそうだよ」って。えっ、それってまさかの老眼ですか?

私の目は右目だけ乱視が少々入っていまして、たしかに両眼で焦点が合いにくいのは昔からのことでした。<でも読書には不自由していません

これはちょっとまずいと思い薬局で眼精疲労に効果絶大らしい目薬を買ってきました。1600円もする第2類医薬品の「サンテ メディカル12」です。メーカーサイト曰く「 つらい眼疲労に対応した参天史上最高峰のOTC目薬です 」と。たぶんこの症状は老眼ではなく、単なる眼疲労だと思います。

この目薬、たしかにお値段も高いだけのことがあって目の疲れがとても楽になります。注した瞬間だけスッとして気持ちイイだけの目薬と違って、その後でもずっと目の疲れが取れている気がします。

あとは、濡らしたタオルを電子レンジでチンしてから目の上に乗せて「蒸しタオル攻撃」もすごく効果的。それと肩こりも眼精疲労の原因でして、奥さんにお願いして肩を揉んでもらうとかなり楽になりますね。

今のとこれは目薬&目のケアでなんとかひどい疲れ目が治るようになりました。やっぱり老眼ではなかった(苦笑)
自分的には未だ体力の衰えすら感じていないわけですが、手のしびれが続いているように徐々に身体のパーツが不調なのが気になるところです。

ひょっとしてこれは… 肉をもっとたくさん食べないといけないのかなぁ。仕事柄、元気いっぱいな高齢者(90歳以上)を見ていると、みなさんとにかく肉と果物をたくさん食べてますから。

目指すは、毎日元気に(好きなことを仕事にして)働いている100歳になること!

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

宝くじは人生をドン底の不幸にします

年末ジャンボ宝くじ。もしも1等が当選したらどうしますか? …いろんな夢が広がりますよね。でも、当選した90%以上の人は人生ボロボロなドン底の不幸になりますよ。

「超」高額当選金額の宝くじが当選して不幸にならない人とは、もともとお金を持っているお金持ちな方々だけです。普通の庶民はほぼ確実に不幸になります。それも、どうしようもないほどどん底の…

つまり、何億何十億という資産を運用する手立てをしらないと、どんどんお金に群がるハイエナ&狂った物欲に食い尽くされ、5年以内に資産はゼロ、もしくは高額の借金を背負うことになるわけです。

では、当選したお金をどのように運用すればよいのか? それはこのブログでは教えられません。なぜなら、教えたとしても資産を運用するまともな金融会社が貴方を相手にしてくれないからです。

お金持ちを相手にしているまともな金融会社はその家庭状況を詳しく調査しますので、もともとの庶民はほぼ確実に相手にしません。そもそも宣伝すらしてません。資産運用するにあたって、絶対に(50年以上くらい)中途解釈しない人たちしか相手にしませんからね。

宝くじの高額賞金をまともに運用する方々は、その賞金には一切手をつける必要のない人たちなのです。それにその賞金にわざわざ手をつけなくても、ちゃんと運用していけば三代に渡って(お金を使い切るのに苦労するくらい)遊んで暮らせる生活ができます。

まぁいずれにしても、購入金額の50%が国に持って行かれる宝くじを買うなんて、タバコを吸うよりも無謀だと思いますよ。テレビで宝くじのコマーシャルをしているのは、国の税収入を増やすための煽りですね。

わたし個人的には、宝くじはお金持ちが道楽で買う商品だと思っています。たくさんお金を持っているお金持ちは稼ぎの40%を所得税で払っています。だから購入金額の50%が持って行かれる宝くじを買っても、それほど痛くありません。

宝くじで夢を追い求めるなんて、(あえて言わせてもらえば)あまりにも無知かと。他のどれよりもリスクの高いことにお金をつぎ込むんですよ。宝くじはパチンコや競馬より割の悪いギャンブルです。しかも10万人に1人の難病に罹るのと同じことなんです。<マジっすよ

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

やばっ、ブログ更新をせずに今日が終わってしまいそう!

あっと気がついて時計を見たら、23時43分。今日はあと17分。今日のブログをまだ書いてなかったぞ! … いや、実はマンガを読んでいました。『3月のライオン』です。

今年になって、ただ働いているだけの毎日から一歩階段を上がりたくてブログの更新を再開しました。今まで山のようにブログを書いて、それをすべて削除してまた作り直して、こうしてまたブログを書いています。

何かネット世界で検索してもらって役立つようなブログを書ければ良いんですが、それを書くと最低でも1時間以上はかかるので、もうちょっと緩いブログを書くことにしています。

つまり、こうして自分が考えていることを書くブログです。仕事で疲れてなにも書くネタが浮かばないときは、パソコンのブログ・エディタを開いてずっとその前に座っています。

とにかく、なんでもいいから書かないとブログを書くためのブログ体力が身につかないのです。だからパソコンの前に座って何かを書くという時間を作るようにしました。

とても不思議なんだけど、そうやっていると自然と書けてしまうモノなんです。今書いているブログ記事もまさにそう。いや単に、今の状態を書いているだけのことですけどね。

何か今までとは違った人生を始めたいと思ったら、ちょっとしたことを続ける習慣を身に付けることが良いです。人生を変えるための一番簡単な方法が、「何かを習慣にする」ことなんです。

人はとても素晴らしいアイデアを思いついても実際に行動をおこしません。だからこそ、なんでもいいから何かを習慣化するんです。どんなことでも習慣化すればその人はいろんなことについて考えるようになり、日常に流されなくなります。

FacebookやTwitterに書くのも良いのですが、それだと自分の書いた記事がすぐに過去ログに埋もれてしまいます。自分の書いたブログは埋もれません。誰も書かないからこそ、ブログを書く習慣を身に付けるだけでホントに人生は大きく変わります。

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ

なぜ?今になって足の臭いが…

わたし足が蒸れても臭くならない人だったんです。でも、なぜか今になって突然に足の臭いが気になるようになってきました。このお正月明けからです。今までどおりの仕事をしているだけなんですけどね。

その原因を考えてみると、どうやら年末のお風呂掃除で足裏をカビキラー漬けにしてしまったことじゃないかと。つまり、足の常在菌が死滅してしまったことが原因と思われます。

私はお風呂で石鹸を使わない人でして、お湯でゴシゴシするだけの入浴法を実践しています。そうすると肌もスベスベ乾燥しないし、足の臭いや他の体臭もなくなるのです。たぶん肌の常在菌が良い状態で肌を守っているからでしょうね。

今頃の季節になって突然に足が臭いだしたわけだから、足裏の菌が不健康な状態になっているとしか考えられません。常在菌のバランスが崩れているわけです。

この不健康な状態を戻すには、気長に石鹸を使わずに放置するしかないのでしょうね。なんというか困ったものです。 普通ならば石鹸でゴシゴシとキレイにしたくなるところですが、石鹸を使わない派の私としては、うまく放置して常在菌を育てるしかないかなと。

1/3のブログ記事「かかとの角質を取る危険な裏技」で書いたようにカビキラーで足かかとの角質をキレイに取ったわけですが、その副作用がなんと足の臭いという結果になってしまいました。「あちらを立てればこちらが立たず」というお話です(苦笑)

じゃあ、またね〜 Σ( ̄。 ̄ノ)ノ